【韓国】死亡した元慰安婦おばあさんの寄付約定書を偽造し、遺産まで横領していた「ナヌムの家」…7年間で100億の違法募金

【韓国】死亡した元慰安婦おばあさんの寄付約定書を偽造し、遺産まで横領していた「ナヌムの家」…7年間で100億の違法募金

あわせて読みたい

【韓国】死亡した元慰安婦おばあさんの寄付約定書を偽造し、遺産まで横領していた「ナヌムの家」…7年間で100億の違法募金

1 名前:ニライカナイφ ★:2021/01/30(土) 19:42:41.05 ID:eCmUfmG99.net

☆ 韓国のことわざ「金は汚く儲けても綺麗に使えばよい」

◆ 死亡した慰安婦おばあさんの文書まで偽造した「ナヌムの家」…7年間で100億の違法募金

■ 検察、元運営陣2人を在宅起訴

日本軍慰安婦被害者支援施設である京畿道広州の「ナヌムの家」の元運営陣が詐欺など10の容疑で裁判に持ち込まれた。

彼らはさらに、死亡したおばあさんの寄付約定書を偽造し、遺産まで横領していたことが明らかになった。

水原地検城南支庁刑事1部(ホ・ジョン部長検事)は29日、詐欺及び業務上横領などの疑いで、アン某(59)元ナヌムの家所長とキム某(51)元事務局長を在宅起訴した。

検察によると、まずアン氏は、2013年から2019年までの7年間、管轄官庁に登録せず、約100億ウォンほどの寄付金を募集した容疑(寄付金品法違反)、キム氏は広州市から受け取った人件費補助金396万ウォンを任意に使用した容疑(業務上横領)を受けている。

彼らは2012年4月から2015年3月まで、ナヌムの家で広報業務をする職員を週40時間働く衛生員であるかのように書類を作り上げ、広州市から5100万ウォン相当の補助金を受けた容疑(詐欺及び地方財政法違反)も受けている。

また、2013年3月から翌年の3月まで某大学から受け取った委託代金1400万ウォンを任意に使用した容疑(業務上横領)もある。

合わせて、2012年に死亡した慰安婦被害者おばあさんの寄付約定書を偽造して6000万ウォンの遺産を法人口座に振り込ませ、15日間全日制で勤務した看病人をまるで30日間半日制で勤務したかのように偽り、女性家族部から1億6000万ウォンを不正受給した容疑(詐欺)も受けている。

2009年5月から17ヶ月間、元法人関係者の某僧侶が「ナヌムの家」所属の学芸員であるかのように書類を作り上げ、2900万ウォンを受け取ったこともある。

検察はただし、彼らに不法領得の意思はないと判断し、後援金横領の疑いに対しては嫌疑なしの処分とした。

検察関係者は「社会的関心が集中した事件である点を考慮し、関連疑惑を徹底的に捜査した」とし「罪に相応する刑が宣告されるよう公訴維持を徹底する予定」と述べた。

彼らに対する初の裁判は、3月17日に水原地法城南支部で開かれる予定だ。

http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/57652682.html

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1612003361

続きを読む

続きを見る(外部サイト)

キムチ速報カテゴリの最新記事